医療機器のご紹介

医療用レーザー治療機器

ルミナスレーザー安全で身体負担が少なく鼓膜開窓術が行える医療用レーザー治療機器です。
主に中耳炎の治療で使用します。

メリット
①短時間で施術ができるため、お子様にも施行が可能です。

②出血がなく疼痛(ずきずきした痛みなど)が少ないと言われています。

③中耳炎の治療では中耳の換気が十分に行われることが重要なのですが、レーザーでの切開を行った場合、通常のメスを用いた切開と比べ長期の換気ドレナージ( 切開の穴がすぐには塞がらない)が可能なため治癒しやすく、また再発もしにくいと言われています。

 

 

アルゴンプラズマ凝固装置

アルゴンプラズマ凝固装置

高周波電流をアルゴンガスとともに流す医療機器です。
電導性の高いアルゴンガス中の放電は、電流密度が低く均一であるため、組織を浅く均一に凝固することができます。
レーザーのように炭化したり、灼けすぎて軟骨壊死を起こす心配がありません。

アルゴンプラズマ治療とは花粉症などアレルギー性鼻炎の反応は、主に鼻内の下鼻甲介というところで起こります。
この下鼻甲介の表面の粘膜をアルゴンプラズマで焼灼し、凝固させてアレルギー反応を起こさなくさせる治療法です。

 

電子内視鏡

電子内視鏡

電子スコープですので、非常に鮮明な画像を記録できます。
鼓膜やのどの状態をご確認できます。

 

内視鏡の洗浄(徹底した衛生管理)

内視鏡スコープは使用後に専用の洗浄機器にて滅菌・殺菌を行っております。
患者様を院内感染から守るため衛生管理も徹底しております。

内視鏡洗浄  衛生管理

ネブライザー

ネブライザー

薬を霧状にして、喉、気管支や肺などの治療を行う医療機器です。
衛生管理も徹底しております。

 

バイポーラ電源装置

高周波電流を限局的に流す医療機器です。
そのため周辺組織への熱損傷が少なく、限られた組織を効率よくより安全に焼灼及び凝固することが可能です。